ダイエット中に飲めるお酒と飲めないお酒とあるのよ❢by yui

ダイエット

ダイエット中に飲めるお酒と飲めないお酒とあるのよ❢by yui

Yuiのline@ @nsk5616q Add Friend

ダイエット中に選びたいお酒の種類

Yuiも時々お酒はいただきますけれど・・・
これは覚えておいて下さいね。

ダイエット中は、すべてのお酒を控えなければいけないわけではありません。
お酒の中には、太らない種類のものもあります。
太らないお酒の種類を知って、ダイエット中も適量のお酒を楽しめるといいですね。

今回は、ダイエット中に選びたいお酒の種類について、詳しくお話しします。

★太りにくいお酒の種類

ダイエット中に飲んでも、太りにくいお酒の種類は、実は結構あるのですよ。
ダイエット中でも、付き合いでお酒の席に出席することもあるでしょうからね。
そんな時に、太らないお酒の種類を知っていれば、お酒の席でも困りません。

※太りにくいお酒の種類は、次のとおりです。

・ブランデー
基本的に蒸留酒は、飲んでも太りにくい特徴を持っています。
太るお酒には、糖質とタンパク質が多く含まれています。
例えば、ビールや日本酒、ワインなどが該当します。

ブランデーは、アルコールと水で構成されている蒸留所なので、糖質とタンパク質が含まれていないため飲んでも太りません。

・ウイスキー
ウイスキーも蒸留酒なので、太りにくいです。
ブランデーと同じく、糖質とタンパク質が含まれていません。
さらに、脂肪の代謝を向上させるホルモンの分泌を促す効果があるので、ダイエット中のお酒に最適です。

・焼酎

焼酎も蒸留酒なので、糖質やタンパク質が含まれておりません。
ダイエット中に飲んでも、太らないお酒の一つです。

・ウォッカ、ラム酒、ジン
ウォッカやラム酒、ジンはアルコールがかなり高いですが、糖質やタンパク質が含まれていません。

アルコールが高いと、カロリーが高いので、心配する人も多いですが、体重増加につながるカロリーでは無い為、太る心配はありません。
また、カロリーもすごく高いわけではありません。
例えば、ウォッカ1ショット分はチロルチョコ1個分のカロリーです。

★ダイエット中のお酒を楽しむ3つのルール

ダイエット中でもお酒を楽しむための、3つのルールを知っておきましょう。

※1つ目は、シンプルなものにする事です。
例えば、カクテルの場合、人をベースにライムを少し絞った位のシンプルなカクテルにすると太りにくいです。
・ジントニックを混ぜることが多いですが、ジントニックは糖質がすごく高いので、人自体に、糖質やタンパク質が含まれていなくても、ジントニックで太ってしまう可能性が高いです。

※2つ目は、2種類以上のアルコールを使わないことです。
これも、カクテルに言えることですが、なるべく1種類のアルコールをベースに、カクテルを作ると、ダイエット中でもお酒を楽しむことができます。

※3つ目は、カクテルのメニューの中にフローズンカクテルがありますが、ダイエット中は控えましょう。
たとえ、カクテルに糖質やたんぱく質が含まれていなかったとしても、フローズンカクテルは糖質をたくさん加えて作るものなので、確実に太ります。

Yuiのline@ @nsk5616q Add Friend

1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ